同等の安い医薬品 | 人気ED治療薬といえば!?バイアグラでアツい夜を過ごそう!

同等の安い医薬品

「同等の安い医薬品」のイメージピクチャです。

ED治療薬があれば、EDなんて怖いくないぜ!といいたいところですが、病院などで処方してもらった際に恐らく多くの人が思ったことでしょう。「高っ!」
そうなのです、ED治療は保険が効かないので、バイアグラの場合には1錠から2000円前後という高額を支払わなければなりません。
もちろん金銭的に余裕のある方であれば高いとも思わないでしょうが、庶民からすると気軽には買えない金額です。
そこで利用したいのが通販による医薬品の購入。個人輸入サイトであれば、有名なバイアグラなどのED治療薬から、そのジェネリック医薬品であるカマグラ、アスランス、ハードオンなど買うことが出来るのですが、その金額はとても安く病院でED治療薬を処方してもらう際の費用の三分の一ほどの金額で購入出来る場合もあります。

なぜジェネリック医薬品はそれほどまでに安いのか?安いってことは効き目も悪いのではないか…などなど心配事も出て来るかもしれません。
さて、ジェネリック医薬品の仕組みですが、安い理由は後発医薬品だからというのが最大の理由です。後発ですので先発されている新薬の後から出している物。新薬はゼロからのスタートで作っていくため時間も費用も掛かりますが、ジェネリック医薬品はその後なので、作り方など全部が分かっている状態です。時間と費用を抑えることが出来ます。これこそがジェネリック医薬品が安く発売出来る理由なのです。かといっても効能が弱くなれば意味はありませんよね。それではただの安物です。じつはジェネリック医薬品が発売されるためには厚生労働省のテストがあるのです。効能が本家と同じだと認証されないと発売されないため、効果にも期待が出来るのです。
また、ジェネリック医薬品では味や形を変えても良いというルールがあるので、本家が飲み辛いと思っていた人にはありがたい変化を期待出来る部分でもあるのです。