服用について | 人気ED治療薬のジェネリック!ジェビトラでアツい夜を過ごそう!

服用について

「服用について」のイメージピクチャです。

ED治療薬を利用することによってEDの症状は改善することが出来ます。ジェビトラは人気ED治療薬のジェネリック医薬品ですので、とても期待出来る医薬品です。
とはいえ、医薬品である以上、そこには服用方法と副作用というものもつきものです。なぜそんな分かりきったこというのかというと、EDを改善してセックスしたさに規定された内容量を超えて服用してしまう人もいるからなんです。
暴走して変な使い方をせず、正しい効果を得るために、正しい服用方法を知っておきましょう。

ジェビトラは一日一錠を水やぬるま湯で服用します。ただし、ジェビトラは20mg・40mg・60mgと3種類の錠剤があり、一日の上限は60㎎までとされているので上限を超えないようにします。ちなみに服用してから30分前後で効果が現れ始めますが、空腹時で服用した場合、わずか15分ほどで効いて来るほどの即効性があります。今すぐやりてぇーという場合にはもってこいの医薬品ですね。しかし、ここには注意点があり、服用の際に食事をしていて胃の中に残っていると効果が得られにくくなっています。有効成分の吸収が胃の中の物に邪魔されてしまうというのが原因です。空腹時に服用するか、食後二時間は空けるというのが理想です。

副作用としては頭痛や鼻づまり、動悸などがあります。ですがこれらは薬に慣れて来るうちに気にならなくなるといいます。が!あまりにもひどい場合は別の原因が考えられるので、医師に相談するようにしましょう。